工務店経営の骨太工法をつくる

株式会社エクスペリエンスが工務店・ビルダーの経営者の皆様にお届けする工務店経営の実践情報および、役立つ最新情報・営業情報満載のブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枕の方位について考えてみる

こんにちは。エクスペリエンスの平尾です。

今回は枕の方位について考えてみたいと思います。

徒然草の133段に『天子の御寝所は東の御枕であらせられる。すべて東方を枕にすると陽気をうけて良い、というので孔子も東を枕にされた。一般に寝所の設備は東枕でなければ、南枕にするのが普通であろう。』と、記されています。

また、仏陀は臨終を描いた涅槃図を見ると、仏陀は左を枕にして、顔はこちらを向いています。したがって、仏陀は北枕西向に横臥していたわけです。

現在も死者を寝かす際、必ず北枕西向にするのは、この仏陀に倣ったものです。太古からの土葬もすべて同様に葬ってあります。一般に平常、北枕西向を忌むのはこのためです。

家相では、北枕・西枕は肺病になる。妊婦が南枕で寝ると難産になるなど伝えられています。

寝室が狭いと自由に枕の方向が変えられませんので、お客様の為には、予め枕の方向を検討して設計する必要があります。


また、天井の語源について記すと、栄華物語、その他の多くの古書において、天井を「くみいれ」と記しています。

「くみいれ」は「組み入れ」のことで、格天井が井桁の形の組み入れ造であることから、上方にあるため天とし、井の字の形から、天井となったのであろうという説があります。

さらに、天井の井は 井戸の井の意味で、とくに木造建築の宿命とさえいわれる火災に対して「火災を免れたい」という念願から生まれたもので、天井を天の井水になぞらえ、そう記すようになったという説もあります。

特に最近は風水など、方角や造りを気にする方が増えてきました。自分が気に入るスタイルではなく、そういった「運気が上がる仕組み」などを優先しているようです。

枕の方位だけでなく、家具の位置取りなども考慮にいれた建築設計、営業対応がお客様からご依頼をいただく為のプラス要因になる事が考えられます。


時代の流れというものもあると思いますが、効率的・科学的などを追及する他に、建築業界にとって重要な要素の一つと言えるのではないでしょうか。




次回も楽しみにして下さい。

●●====================================●●

★「棟梁のための営業塾」
   http://experiencenet.blog130.fc2.com/

★工務店経営の骨太工法を造る
   http://www.ex-p.jp/

★発行者
 株式会社エクスペリエンス 代表取締役 平尾正隆
 〒331-0811
 埼玉県さいたま市北区吉野町2-196-6
 ウエルズ吉野町106
 電話  048-776-9435 048-776-9435  FAX 048-776-9436

★メルマガ希望の方は下記の欄に必要事項を
  ご記入し、送信ください

  http://form1.fc2.com/form/?id=562087

●●====================================●●
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2012/11/29(木) 02:41:16 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://experiencenet.blog130.fc2.com/tb.php/15-0f5ce160
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。